医療法人社団六心会恒生病院

お問い合わせフォーム

外来のご案内|リハビリテーション科

診療の概要

当科の施設基準は、脳血管リハ(Ⅰ) 運動器リハ(Ⅰ)、呼吸器リハ(Ⅰ)、心大血管リハ(Ⅰ)を取得しており、急性期、回復期、外来、訪問などでリハビリテーションを提供しています。

リハビリテーション科は、主に神経・筋・骨格系の異常にもとづく障害に対し医学的に治療・訓練を実施する診療科です。疾患により生じた移動・身の回りの動作・コミュニケーションなどの障害に対して、失われた機能の回復をうながすとともに、残存能力を最大限に引き出すための治療を行い、患者さまが家庭復帰や社会復帰ができるように援助しています。当診療科で行う治療手段として、国家資格を持った専門職が理学療法、作業療法、言語聴覚療法などを提供します。また、運動療法および温熱・電気刺激などの物理療法、義肢作製などがあります。患者さまの状態にあわせた治療法を効果的に実施します。

主な対応疾患

①血管疾患
脳卒中による運動障害、高次脳機能障害、失語症など
②運動器疾患
骨折、外傷、脊椎損傷、関節の変形、炎症性疾患など
③呼吸器疾患
慢性閉塞性肺疾患 間質性肺炎など
④心大血管疾患
心筋梗塞、狭心症など
⑤維持期脳卒中患者に対する取り組み
当院のリハビリテーションでは、脳卒中後遺症の治療にNEURO(ニューロ)やボツリヌス療法、促通反復療法(川平法)などを実施しています。
NEURO(TMS療法+集中的リハビリ)とは?
東京慈恵会医科大学附属病院リハビリテーション科の安保雅博教授のグループにより考案された治療法です。磁気を発生させる8の字コイルのついた機械を使用し、頭の外側から大脳を連続的に刺激することにより、障害された脳を活性化するTMS治療(経頭蓋磁気刺激)と集中的なリハビリテーションを併用することで機能回復を図ります。
促通反復療法とは?
脳卒中後に片麻痺になられた患者様の麻痺の改善を目的とした最新のリハビリ訓練方法です。麻痺した手や足を操作(促通治療)することで意図した運動(随意運動)を実現し反復することでそれに必要な大脳から脊髄までの神経回路を再建・強化することを目的とした治療法です。
※2015年脳卒中ガイドラインにおいて、上肢機能障害に対するリハビリテーションの項目で軽度から中等度の麻痺がある患者に対して行うように勧められるとされています。下肢への効果も学会等で発表されています。
ボツリヌス療法とは?
食中毒の原因菌であるボツリヌス菌が作り出す、ボツリヌス毒素を有効成分とする薬を注射する治療法です。脳卒中後、過剰に緊張している筋に対して注射することで、それを引き起こしている神経の働きを抑制して、痙縮(筋のつっぱり)を改善させます。

医師のご紹介

奥田 裕啓

資格取得
日本脳神経外科学会専門医・指導医

常勤医の奥田です。長らく脳神経外科医として勤務しておりましたが、4年前より回復期リハビリテーション病棟を担当しています。急性期を乗り越えられた患者さまの後遺症をできる限り改善し、自宅でも介護できるようにしていくのが我々の仕事です。その分、だんだんと外来業務は縮小しており、従来の通院患者様にはご迷惑をおかけしますがご理解お願いいたします。

略歴
  • 昭和57年 神戸大学医学部卒業
  • 平成01年 神戸大学大学院医学研究科卒業
  • 昭和57年 神戸大学医学部附属病院
  • 昭和58年 兵庫県立淡路病院 ■昭和59年 神戸大学医学部附属病院
  • 昭和59年 国立香川小児病院
  • 昭和60年 恒生病院
  • 平成02年 公立豊岡病院
  • 平成04年 新須磨病院
  • 平成06年 脳神経外科恒生病院
  • 平成12年 古瀬診療所
  • 平成16年 恒生病院

松下 誠

資格取得
日本リハビリテーション医学会リハビリテーション科専門医・指導医

柔軟かつ謙虚な姿勢で患者さまを中心としたリハビリテーション医療の実践に取り組むべく精進いたします。

略歴
  • 平成13年 神戸大学医学部卒業
  • 平成14年 淀川キリスト教病院
  • 平成15年 兵庫県立淡路病院
  • 平成17年 神戸大学医学部附属病院
  • 平成18年 兵庫県災害医療センター、神戸赤十字病院
  • 平成21年 新日鐡広畑病院
  • 平成21年 関西リハビリテーション病院
  • 平成23年 西宮協立リハビリテーション病院
  • 平成23年 神戸大学大学院医学研究科卒業
  • 平成26年 恒生病院

稲岡 正裕

資格取得
日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
日本整形外科学会運動器リハビリテーション医
日本医師会認定産業医

当院は主として急性期脳神経外科疾患に対する救急医療が主体であり、必然的に、中枢神経疾患に対するPT、OT、STが超早期から積極的に行われています。

合わせて、循環器、呼吸器疾患に対するリハビリや運動器疾患に対するリハビリも同様に超早期から積極的に可能となっています。また、回復期や維持期の通院リハビリや物理療法も行っています。私自身、赤十字病院に勤務していた頃より、リハビリテーション医療にもいろいろ参画させていただいた経験があり、当院のリハビリテーション業務にも運動器リハを通して積極的に貢献できればと考えていますのでどうぞよろしくお願いいたします。

略歴
  • 昭和57年 防衛医科大学校卒業
  • 昭和57年 防衛医科大学校付属病院整形外科研修医
  • 昭和59年 自衛隊中央病院整形外科
  • 昭和62年 大阪逓信病院整形外科
  • 平成2年 大阪厚生年金病院整形外科
  • 平成4年 姫路赤十字病院整形外科
  • 平成7年 関西労災病院整形外科
  • 平成11年 日生病院整形外科
  • 平成26年 常岡病院
  • 平成28年 恒生病院

リハビリテーション実績

急性期病棟

平成26年度平成27年度
平均在院日数12.0日12.68日
在宅復帰率86.5%92.1%
入院患者1人1日あたりのリハビリ平均単位3.0単位2.8単位
外来患者1人一日あたりのリハビリ平均単位1.6単位1.9単位

回復期病棟

平成26年度平成27年度
新規回復期入院患者数76人95人
転棟患者数172人153人
平均在院日数72.0日73.4日
在宅復帰率86.9%81.4%
入院患者1人1日あたりのリハビリ平均単位8.0単位8.2単位

ページトップ