医療法人社団六心会恒生病院

お問い合わせフォーム

内科/循環器内科|胃カメラ・大腸カメラ

胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)

胃カメラ検査は、口・鼻からカメラを通して、食道・胃・十二指腸の状態を直接観察する検査です。ご希望に応じて、口から鼻からを選んでいただくことができます。

口からのファイバーがおよそ10㎜程度、鼻からが5㎜程度で、鼻からの内視鏡の方が楽に終わることが多いです。ただし、慢性の鼻炎があったり、血液をさらさらにするお薬を飲んでおられる方は、鼻からできないこともあり、外来で相談させていただきます。

胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)

当院での検査方法

  1. 1胃の中の泡をとるお薬の入った水を、小さいコップで1杯飲んでもらいます。
  2. 2口からの場合、前投薬として、のどの麻酔を行います。麻酔のゼリーを喉にふくんでいただき、1分程待って飲み込んでいただきます。鼻の場合は、鼻から麻酔のゼリーを吸い込んでいただき、やわらかいスティックに麻酔のゼリーをつけて、鼻に入れます。
  3. 3左肩を下にして横向きになり、マウスピースを噛んでいただきます。
  4. 4胃腸の動きを抑える薬を肩に注射します。
  5. 5局所の麻酔が効いてきたら、内視鏡を挿入します。検査は10~15分程度となります。
  6. 6検査を終えたら、画像を一緒にディスプレーでみながら、結果をご説明いたします。
    (組織検査を行った場合は、その結果については、後日のご説明となります。)
  7. 7帰宅後は、喉の麻酔の影響がなくなるのを待ってから、お食事してください。
    また、検査当日はアルコールを控えていただくようお願いいたします。

下部消化管内視鏡検査【大腸カメラ】

大腸カメラ検査は、肛門からカメラを挿入し、非常に長い大腸全体を直接観察する検査です。

大腸の病気の原因を探る方法として、現在でも第一選択の検査となります。

大腸の内視鏡は、長い腸をファイバーで、たたみながら進んでいきますが、挿入を助けるために、お腹を押さえたり、体位変換していただくことがあります。楽に検査を受けていただくために、当院では鎮静剤を使用して検査を受けていただいております。

大腸のポリープの中には、将来癌になる前癌病変のものがあり、必要に応じて内視鏡的に切除する場合があります。

大腸カメラ検査は、ガスを入れて腸を膨らませながら検査を行います。

そのため、検査中に注入した空気で何度もおなかが張ってきますが、我慢せずガスを出してください。ガスは自然に吸収・排泄されますので、検査後問題になることは通常ありません。

当院での検査方法

  1. 1事前に下剤を内服していただき、大腸内に便が残っていない状態にします。
  2. 2検査の前日と当日の朝、下剤を自宅で内服していただきます。(下剤の内服をしても、排便がない場合、特に当日の腸管洗浄液を内服し始めても、排便がない場合は、直ちに飲用を止めて、病院へ連絡をいただきます。)
  3. 3当日、2Lの腸管洗浄液を、朝8時から飲み、10時頃に下剤の飲用が終わります。排便状況を確認できたら、検査は午後からになりますので、午後の予約時間に来院していただきます。来院後は、検査着に着替えて、検査用の紙パンツを着用していただきます。
  4. 4検査台に寝ていただき、その後腕の静脈に血管確保を行います。
    確保した血管から、鎮静剤・鎮痛剤・胃腸の働きを抑える薬を入れます。
  5. 5左側を下にして横向きになります。
  6. 6肛門から内視鏡を挿入します。検査は通常15~30分程度で終了します。
  7. 7検査終了後は、30分から1時間程度点滴室にて休んでいただきます。
    鎮静剤の効果が切れましたら、画像を一緒にディスプレーでみながら、結果をご説明いたします。(組織検査を行った場合は、その結果については、後日のご説明となります。)
  8. 8帰宅後の食事は、なるべく消化の良いお粥などの炭水化物を中心に食べてください。
  9. 9ポリープの切除を行った場合は、入院が必要です。(基本1泊ですが、状況によって伸びることがあります。) 退院後~3日目まではアルコールなど刺激物の摂取を控え、消化の良い炭水化物中心の食生活となります。入浴も湯船につからずシャワーだけにして下さい。激しい運動を避けてデスクワークのみとして下さい。4日目~10日目、食事は普通食に戻していきますが、過食・大量の飲酒や油分・香辛料は控えます。14日目まで、旅行は控えていただきます。
  10. 10下血や腹痛がみられた場合は、病院に連絡をお願いします。

ページトップ