医療法人社団六心会恒生病院

お問い合わせフォーム

入院のご案内

入院に至るまで

現在他院で入院中の病院から当院の回復期リハビリテーション病棟への転院をご希望される場合は、事前に電話を頂くか、現在入院中の病院の医療ソーシャルワーカーにご相談下さい。当院の急性期病棟に入院中の場合は、病院内で継続リハビリの必要性について検討を行い、主治医からの説明の後、医療ソーシャルワーカーが患者様とご家族に面談して転棟日を決めます。

他院入院中の場合

1.電話相談
入院希望の方は、直接お電話いただくか、現在入院中の病院の医療ソーシャルワーカーにご相談下さい。
2.診療情報の確認
入院中の病院から、患者様の診療情報等を送付して頂きます。
3.ご家族面談
ご家族様と当院の医師や医療ソーシャルワーカーが面談を行います。
4.判定会
当院内のスタッフで、入院の受け入れの可否を協議します。
5.入院日の調整
ご家族様と調整し、入院日を決定します。
6.入院

当院(急性期病棟)入院中の場合

1.院内検討会
院内のスタッフで、継続したリハビリが必要かどうか協議します。
3.転棟日の調整
4.転棟

入院について

以下の予定と並行しつつ、日々の訓練に励んでいただきます。ご家族様へは種々の指導、退院後の福祉制度・社会資源の提案を行います。

入院当日

午前中に転院/転棟

リハビリ担当者と看護師により現在の日常生活動作の確認をいたします。病棟での介助の程度・方法を検討します。

一週間以内

医師、リハビリ担当者、看護師、医療ソーシャルワーカー(MSW)によるカンファレンスを行い、リハビリの方向性とその実現に向けての具体的な計画を立てます。その結果は医師からご本人、ご家族様に説明ををいたします。

一ヶ月毎

訓練状況や方向性の確認・見直しをカンファレンスし、その情報をご本人、ご家族様に提供いたします。

入院でご用意いただく物

【衣類】

  • ●運動がしやすい普段着(トレーナー、Tシャツ、ジャージなど)
  • ●パジャマ
  • ●リハビリ用の動きやすい靴

【洗面用具】

  • ●コップ
  • ●歯ブラシ
  • ●歯磨き粉、義歯の方は義歯を入れる容器・義歯洗浄剤など
  • ●ヘアブラシ

男性はヒゲソリをご用意ください。女性は化粧道具や鏡を持参して頂いても構いません。

その他は、当院の入院案内(冊子)をご参照下さい。貴重品は盗難防止のため、病室に置かないようお願いします。

ご家族の方へ

患者様は1日も早く自宅に帰れるように日々頑張っています。ぜひ病棟に足を運んでください。きっと励みになります。

またご家族も不安を抱えられていると思います。私たちは出来る限りご相談に応じられるよう努力していきますので、どうぞお気軽にお声を掛けてください。

ページトップ