医療法人社団六心会恒生病院

お問い合わせフォーム

回復期リハビリテーション病棟とは

回復期リハビリテーション病棟とは

急性期病院(救急病院)は、命を救うための治療や身体機能回復のための手術をふくめた治療を行います。

元の生活に戻ることを目的とし、障害された機能の回復や残された機能を使って生活を補う練習をする所が『回復期リハビリテーション病棟』です

急性期病棟とはこんなところが違います

入院生活そのものがリハビリとなります。規則正しい生活を送り、出来ることは自分で行い、出来るだけ自宅での生活に近い状況で過ごして頂きます。

病棟スタッフは出来ない事に対しては援助を行いますが、入院中に自分で出来ることを増やすため『見守る』『待つ』ことを念頭に患者様と関わります。

入院~隊員までの流れ

入院~隊員までの流れ

回復期リハビリテーション病棟の入院対象となられる方

  1. 脳血管疾患、脊髄損傷などの発症または手術後2ヶ月以内、または義肢装着訓練を要する状態
  2. 高次機能障害を伴った重度脳血管障害、重頚椎損傷および頭部外傷を含む多発性外傷の発症、または手術後2ヶ月以内
  3. 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節または膝関節の骨折、または手術後2ヶ月以内
  4. 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節または膝関節の神経・筋・靭帯損傷後1ヶ月以内
  5. 外科手術または肺炎などの治療時の安静により生じた廃用症候群(長期臥床により下肢筋力が低下した状態)を有しており、手術後または発症後2ヶ月以内

施設のご案内

入院生活全てがリハビリであり、在宅復帰・社会復帰が目標となるため、一般病棟とは異なる施設を有しています。

  • デイルーム自宅を想定し、居室ではなくデイルームでの食事を促しています。
  • 和室布団の上げ下ろしや畳の上での動作の練習が出来るよう和室を備えています。
  • お風呂家庭用お風呂を想定したつくりになっており、入院時に練習が出来ます。
  • お風呂家庭用お風呂を想定したつくりになっており、入院時に練習が出来ます。
  • 畑趣味活動や農作業を想定した動作練習を行います。

ページトップ