医療法人社団六心会恒生病院

お問い合わせフォーム

促通反復療法(川平法)

促通反復療法とは

当院では、外来リハビリテーションにて脳卒中後遺症の治療に促通反復療法を実施しています。

促通反復療法は、鹿児島大学病院霧島リハビリテーションセンターにて川平和美前教授らによって提唱された、慢性期を含めた脳卒中患者様に効果があるとされている数少ない手段です。

2015年脳卒中ガイドラインにおいて、促通反復療法は腕・指に軽度から中等度の麻痺がある患者様に対して機能改善効果があるとされています。また、脳卒中理学療法診療ガイドラインにおいては、腕と指と足に対しても効果があるとされています。

振動刺激療法と電気刺激療法を併用した治療

電気刺激療法

促通反復療法では、徒手による治療のみでなく、振動刺激療法・電気刺激療法を併用することで治療効果を向上させます。振動刺激療法は痙縮抑制効果(余分な力が抜ける効果)を促し、電気刺激療法では作動筋への促通を行い、より良い状態で練習が行なえるようにします。

課題指向型アプローチへ繋げる

課題指向型アプローチ

課題指向型アプローチとは、患者様の状態・目標を理解した上でセラピストが最適な課題の内容を設定し、その課題の問題解決を通じて合理的な脳機能の再構築を促すものです。促通反復療法外来では、課題指向型アプローチも採用しています。

対象の方

脳梗塞・脳出血・くも膜下出血・脳腫瘍・頭部外傷による脳損傷等などにより片麻痺を呈している方が対象となります。

日常生活の自立がこの治療を受ける条件となっています。車椅子を使っていても日常の生活が自立していれば、対象となります。

具体的には、
(指) 指の曲げ伸ばしのどちらかがある程度可能
(腕) 肘か肩の曲げ伸ばしのどちらかがある程度可能
(足) 足の曲げ伸ばしのどちらかがある程度可能で一人で歩ける

訓練までの流れ

日常生活が自立されている方が対象となります

※当院の外来リハビリテーションは完全予約制です。

  • 医師による診察があります。
  • 翌週に外来リハビリテーションで身体機能を評価させていただきます。
  • 2の後、再度医師による診察で適応があるかを判断します。
  • 療法の適応があれば、週2回2~3ヶ月間・20~40分/日実施します。
  • 腕に関しては自主練習も含み60分/日、目安としてかかります。
  • 予約状況に応じて受診から訓練まで数ヶ月お待ち頂く場合もあります。

この治療法が受けられるかどうかの判断は、当院脳神経外科外来にて行ないます。まずは、受診をお願いします。

訓練の風景

指に対する促通反復療法

腕に対する促通反復療法

足に対する促通反復療法

ページトップ