医療法人社団六心会恒生病院

お問い合わせフォーム

脳ドック

脳ドックとは

脳ドックとは、MRI検査や血液検査などを行い、脳卒中などの脳の病気の危険因子を発見するための健康診断です。過去の日本でも脳卒中が死亡原因の 1位など、脳の病気はあなどれません。脳の病気の早期発見や予防を目的として「脳ドック」が行なわれています。脳卒中はある日突然発病し、重度の後遺症や 死亡に至ることもあります。日頃から、脳ドックなどの検査を行って、早期発見・早期治療を行うことが非常に重要です。また、無症候性脳梗塞などのように、 自覚症状のあらわれないケースも多々ありますので、定期的に脳の検査をすることをお勧め致します。

脳ドックの目的

脳ドックの目的は、無症状の人を対象に、MRI、MRAによる画像診断を主検査とする一連の検査により、無症候あるいは未発症の脳および脳血管疾患あるいはその危険因子を発見し、それらの発症あるいは進行を防止しようとするものです。

主な発見の対象は、
1)無症候性脳梗塞
2)脳卒中の危険因子
3)未破裂脳動脈瘤
4)無症候性頭蓋内および頸部血管閉塞・狭窄
5)高次脳機能障害
6)その他の機能的、器質的脳疾患

であり、それらの結果について判定と指導が行われます。

(参考:日本脳ドック学会)

当院の脳ドック

基本検査項目

項目内容適応料金
(税抜き)
一般検診身長・体重・腹囲・血圧(座位・仰臥位から立位時)38,000 円
生理機能検査心電図心臓機能
心電図・脈波動脈硬化
超音波検査頸部エコー動脈硬化
頭頸部MR検査MRI
MRA(頭部・頸部)
※1
頸椎MRI(T2 sagのみ)
VSRADMR検査海馬の萎縮度(認知症)

※1 MRが無理な場合はCTにて実施

オプション検査項目

項目内容適応料金
(税抜き)
尿検査 ※2蛋白・糖・潜血400 円
血液検査 ※2肝・膵・機能腎機能
脂質 血糖
貧血
その他
GOT、GPT、γ-GTP、LDH、ALP、アミラーゼ
尿素窒素、クレアチニン、尿酸
総コレステロール、HDL・LDLコレステロール、中性脂肪、血清脂質4分画(EPA/AA比)
空腹時血糖、ヘモグロビンA1c
末梢血一般
総タンパク、アルブミン、電解質(Na、K、Cl)
7,000 円
LOX‐index将来の脳梗塞、心筋梗塞発症の評価LAB(超悪玉コレステロール)
sLOX-1(超悪玉コレステロール担い手)
12,000円
胸部単純撮影2,000 円
胸部CT検査肺癌・結核等10,000 円
骨密度測定検査骨塩定量骨粗しょう症4,000 円
神経心理テストかなひろい・迷路・対語物忘れ・早期認知症3,000 円

※2 血液・尿検査をご希望の方へ

朝食・昼食を抜いてご来院下さい。また採血後召し上がられる簡単な食事をご持参下さい。

検査の流れ

検査の流れ

検査を受けるまで

1. 電話予約
当院の脳ドックでは、予約でのみ受付をしております。検査は、週に一度脳ドック健診日を設けておりますので、予約状況をお確かめ下さい。
2. 書類送付
検査日が決まりましたら、当院より脳ドック案内表、脳ドック問診表、MRI問診表、脳ドック検査項目確認書を郵送にてお送り致しますので、当日までにご記入下さい。(もしくはHPよりPDFをダウンロード→印刷してご記入下さい)
pdfダウンロード

検査当日

1. 受付
当院1階総合受付までお越し下さい。その際に、既にご記入頂いております脳ドック問診表、MRI問診表、検査項目確認書をお出し下さい。血液検査・尿検査をご希望された方は、朝食と昼食を抜いてご来院下さい。また採血後召し上がられる簡単な食事をご持参下さい。
2. 血液検査・尿検査(※オプション希望者)
オプション検査にて、血液検査・尿検査を選択されている方には、受付で採尿コップをお渡しいたします。また採血場所のご案内をいたします。
3. 各検査実施
基本検査項目、オプション検査項目について、検査を実施します。
4. 医師問診及び結果説明(当日結果が出るもののみ)
医師による問診を行います。また当日結果の出る検査項目については、医師よりご説明がございます。
5. ご清算
検査はすべて自費となります。
基本検査項目38,000円(税抜)です。(オプション検査を追加選択された方は、各検査の料金が加算されます)

後日

1. オプション検査項目に関しては結果を後日郵送
血液検査などは、結果が出るまでに数日かかります。その他、脳ドック当日に結果が出ていないものについては、後日まとめたものを郵送いたします。
※郵送先について、ご登録の住所と異なる場合は必ず受付にお申し出下さい。
2. 画像をCDにてお渡し
検査結果を郵送させて頂く際に、MRI等の画像はCDにて、検査結果は書面にて同封いたします。

ページトップ